本公演は、日本医科大学付属病院東洋医学科講師の三浦於菟氏らによる出演依頼によって実現したものである。

初演 
平成12年7月22日於:東京北区・滝野川会館

作:神田香織 ・(有)オフィスパパン
上演時間:50分
台本(抜粋)

ごあいさつ  三浦於菟氏
講演を終わって  三浦於菟氏

反響
 週刊朝日より
 新聞報道

第3回市民のための東洋医学講座を実行して
日本医科大学付属病院東洋医学科 講師三浦於菟
 一昨年、昨年と東洋医学科では東洋医学の啓蒙普及のために、学内で市民のための東洋医学講座を実行し好評を博してきた。
 本年度は、より参加しやすいようにと学内から飛び出し、4月28日(金)には、北区王子駅前の"北トピア〃第一研修室、5月18日(木)には足立区中央本町にある足立区庁舎ホールの2カ所で、『漢方薬の効用と副作用』と題し講演を行った。2カ所とも、午後2時から3時までは、三浦が最近話題となった漢方薬の副作用について、当科の研究成果をもとにした講演、3時10分から4時30分までは、当科非常勤講師の白石佳正が「東洋医学の得意な病気、治る病気」についての講演を行った。
 漢方薬といえども薬であり副作用は存在するが、その頻度は非常に少ない。それは副作用を少なくする工夫が凝らされているからである。また症状も軽いものが多く、中止などの処置で軽快する。専門医師によって正しく使用されれば、決して恐れるものではない。これが三浦の講演内容であった。白石講師は、漢方の適応する病気や優れた効果がある疾患について、豊富な実例と共に話された。2カ所とも、講演後には30分に及ぶ活発な質問が飛び出し、東洋医学に対する関心の高さがうかがい知れた。ただ、今回参加人員は決して多いものではなく、広報のまずさが反省させられた講演会でもあった。
 なお、本科では来る7月22日(土)1時30分から、北区滝野川会館(南北縁西ケ原駅徒歩10分)において、東洋医学と同様、日本の伝統文化である講談と漢方講演を融合した講演会の開催を予定している。これは本邦初の試みであり、市民の方により身近に東洋医学を感じ接して頂きたいという思いからである。講談師は「はだしのゲン」など数々の新作講談を手掛けた神田香織師。内容は「漢方復興物語」と題し、先達の漢方に寄せる思いを語って頂く。済生学舎も